<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
明けましておめでとうございます!!
本日、石けん作り始めでした!!
ま、その話はまた別にアップしたいと思います。

最近、マヌカハニーに注目している村長なのですが・・・
先日、村長が手に入れたのは普通のマヌカハニー。
毎日、紅茶に入れて飲んでます。
普通のものでも一般の蜂蜜よりは抗菌作用など高いとは思うのですけど・・・
出来れば、アクティブマヌカハニーが欲しいなぁなんて思ってました。

が、しかし高い!!
楽天でも探してはみたのですが・・・

アクティブマヌカハニー+15【500g】で3800円・・・高い・・・。

そしたら!!
姪っ子の高校の後輩がニュージーランドにラグビー留学してたんですけど
お土産にマヌカハニーをくれたんです♪
しかもアクティブ+13!!500グラムですよ!!
やった!!嬉しい!!

アクティブマヌカハニーとは・・・
マヌカハニーは、毎年わずか2ヶ月ほどの間でのみ生産されますが、その中で、他の蜂蜜にはない成分(特に環境変化に対する安定性が高い抗菌活性要素)を含む蜂蜜が約20%ほど生産されます。この成分は「他の蜂蜜とは異なるマヌカハニーの成分」ということで「ユニーク・マヌカ・ファクター(UMF:マヌカ特有の成分)」と呼ばれてきました。
そして、この成分を含むマヌカハニーと含まないマヌカハニーを区別するため、含むものは特に「 アクティブマヌカハニー 」と呼ばれています。



欲しいと思ってたものが、ひょんなことから手元にくるなんて今年はいい感じの滑り出しですねぇ。

早速、手作り化粧水の中にいれてみました。
石けんにも入れてみようと思ってます♪


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ



おすそわけネットショップ!!
手作り石けん〜Piccino〜
* 23:10 * comments(0) * - *
楽しみ〜♪
2008年の石けん作りは#52冬至の柚子ソープで終了となりそうです。

来年の準備として・・・
柚子の皮を乾燥させたり、ラベンダーをすり鉢でゴリゴリしたものをオリーブオイルに浸けたりしております。

で、来年の石けん作りの為に頼んだもの!!

村長が選んだのは・・・
柚子(四万十産)、ラベンダーおかむらさき(富良野産)、吉野ひのき(吉野産)

これらを使って石けんを作るのが楽しみ〜♪


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ



おすそわけネットショップ!!
手作り石けん〜Piccino〜
* 13:10 * comments(2) * - *
ハーブの効能。
石けんに使用中のインフューズドオイルやハーブパウダー。

入れたことで、どの程度の効果が残るのかはわかりませんが・・・
一応、ハーブの効能についての覚書。

ラベンダー
殺菌効果と免疫力を高め、新陳代謝促進作用がある。
またストレスや心身の緊張を和らげ、リラックスさせます。

カレンデュラ
あらゆる肌に使用できる。抗菌、殺菌効果が高く、ニキビやトラブル肌を回復させ、敏感肌や老化肌をしっとり保湿し、すこやかに保つ。

ローズマリー
血行促進と自然な収れん作用は、たるみやむくみを引き締め肌を若返らせ、血色の良い肌を作る。また、穏やかな刺激作用により頭皮のトラブルにも効果があり髪の成長を促進し、ふけを抑制する働きもある。

ヒース
美白作用として有名な配糖体のアルブチンを含む。色素沈着の予防と回復、収れん、毛細血管強化の作用が期待できる。

ネトル
抗アレルギー、消炎作用により、ニキビや湿疹などの炎症を鎮め、健康な肌を保ちます。穏やかな収れん作用もあり、お肌をすっきりと引き締めてくれます。

ローズペタル
あらゆる肌に使用できる。血液の循環を良くし、保湿、収れん、抗炎作用があり、シミ・シワや老化肌を改善し、元気な肌にする。

カモミール
保湿効果があり、昔から乾燥肌の改善によく使われています。

ジュニパーベリー
むくみを改善し、引き締めてくれます。


※原料についての一般的な効能です、石けんの効能を謳うものではありません。


個人的にはヒースinfのオリーブオイルで作るマルセイユが楽しみ♪
明日、作る予定です。
美白効果があるかも!!
昨日はローズペタルinfのオリーブオイルでマルセイユを作りました。
カオリンローズで懲りずにマーブルに挑戦!!
型出しが楽しみです♪



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ



* 13:33 * comments(0) * - *
手作り石けんに使用しているオイル。
今、現在使用しているオイルの覚書。

オリーブオイル。
オリーブの実から採取されるオイルで、オレイン酸(約75%を主成分とし、他にビタミンA・E・D・も含んでいる。保湿効果もある。

ココナツオイル。
ココヤシの樹の実から採取されるオイル石鹸の泡立ちを良くする。しかし刺激もある為、一般的には20%以内に抑えるほうが良いとされている。
(Piccinoではもちろん20%以内に抑えています。)

パームオイル。
オリーブ・ココナッツとともに石けん作りに欠かせないオイル
石けんを固く崩れにくくする。

ラード。
石けんを固く崩れにくくする。

アボカドオイル。
アボカドの種から採取されるオイル。ビタミンA.B.B2.Dや豊富なカリウムやりんなどミネラル分.プロテインやレシチンなどを含みマイルドなオイルです。乾燥肌、敏感肌の人にも向くオイル。無香料の場合はベビー石けんにも。

キャスターオイル。
ひまし油のこと。
トウゴマの実から採れるオイル
保湿効果が高く眼力のある豊かな泡立ちになる。

ホホバオイル。
液体ワックス 皮脂の成分とよく似ていてスキンケアに理想的
肌になじみやすく、すばやく皮膚の深部まで浸透し肌に抵抗力を与える
ビタミンEを含みシワを予防。

茶油。
ヘアケアで有名な日本の椿オイルとほぼ同じ成分。
オレイン酸を多く含み保湿効果大。

米油。
米の胚芽部分から取れる。抗酸化作用のあるオレリザノール、保湿成分のスクワレンを含む。

シアバター。
アフリカ原産のカリテと言う木の実から取れる油脂。保湿効果に優れ、紫外線防止効果も合わせて持っている。老化肌や皺の防止にも良いとされている。

ココアバター。
カカオ豆から取れるオイル。パルミチル酸、ステアリン酸を含んでいるので固い石鹸を作る。皮膚を保護する。保湿効果がある。甘い香りがする。

※原料についての一般的な効能です、石けんの効能を謳うものではありません。


まだまだ使ってみたいオイルはあるのですが・・・
勉強しつつやってゆこうと思います。

また、石けんにいれているハーブや蜂蜜については、また後日。






* 14:15 * comments(0) * - *
| 1/1PAGES |